何から読めばいいの?


「アメコミやBDに興味はあるけど、何から読めばいいか分からない・・・」という方は少なくないのではないでしょうか?私もそうでした。と言うか、今もそうかもしれません。そこで、アメコミやBDが初めてのあなたに、ここから読むといいのでは?という作品を紹介します。

ひとまず書けた順にアップします(2014年3月15日更新)
よりアメコミに興味を持っていただけるよう、記事内容を改定しました(2015年8月13日最終更新)

<アメコミ>
【マーベル】
・その1「ベスト・オブ・スパイダーマン」
スパイダーマン

●あらすじ
本書には、各時代を代表するスパイダーマンの古典から90年代前半までのエピソードが収録されており、一つの大きなストーリーラインを構成するものではない。沢山のエピソードから厳選せざるを得なかったため、昔からのファンは色々と言いたいこともあるようだが、傑作とされるエピソードも収録されている。

●おすすめの理由
スパイダーマンのオリジン(誕生の起源)からヴェノムとの戦いまで、有名エピソードが収録されています。上述の通り、ディープなファンは選ばれたエピソードに言いたいこともあるようですが、古典を読める点では大変いいと思いますし、私はエピソードにも文句ありません。リザードが出てくるエピソードはグッときますよ。

●ページ数、読むのにかかるおよその時間
ページ数:176ページ
所要時間:約45分(註の参照なし)、約55分(註の参照あり)

 

・その2「ホークアイ;マイ・ライフ・アズ・ア・ウェポン」
ホークアイ

●あらすじ
アベンジャーズの一員なのに普通の人間、ホークアイことクリント・バートン。たたき上げのヒーローである彼が守るのは正義と…屋上での美味いバーベキュー?!ヤング・アベンジャーズの一員ケイト・ビショップを巻き込んで、ヒーローの休日に何かが起こる!

●おすすめの理由
本作は、ヒーローの休日を描いた作品なので、前後のストーリーを知る必要がありません。超人血清を注射されていない、ガンマ線を全身に浴びていない、放射能グモに噛まれてもいない、ホークアイはどんな休みを過ごしているのか?オフショットを楽しめる作品で、スタイリッシュなアートも注目です。

●ページ数、読むのにかかるおよその時間
ページ数:136ページ
所要時間:約40分

 

・その3「ニューアベンジャーズ;ブレイクアウト
ブレイクアウト51-CGXoBa9L

●あらすじ
世界最強のヒーローチームアベンジャーズはある事件により今や解散してしまっていた。悲劇の傷が癒えぬ中、彼らの不在につけ込んだ陰謀が密かに進行。謎の人物に雇われた悪党エレクトロによって、重犯罪刑務所ザ・ラフトの警備システムが破壊され、百人を超えるスーパービランが野に放たれてしまう。運命の導きによって集まったヒーロー達は、戸惑いながらも巨大なる敵に立ち向かう。多勢に無勢の死闘の中、新たなるアベンジャーズが誕生した。

●おすすめの理由
現在ヴィレッジブックスから刊行されているアベンジャーズシリーズの起点となる作品です。ある事件で解散してしまったアベンジャーズがメンバーも新たに結成され、悪と戦います。註も充実しているので、参照しながら読むと理解が進みますよ。アメコミの大きなストーリーのうねりを感じたい方に特におすすめします。

●ページ数、読むのにかかるおよその時間
ページ数:ページ
所要時間:約60分

 

・その4「シビル・ウォー」
シビル・ウォー

 

●あらすじ
激動する社会情勢の中、若きヒーロー達の自らの力への過信が悲劇的な事件を呼び、ついに超人登録法案(ヒーロー活動をする者は全て政府に登録し、正体を明かすことを義務づける法律)が可決に向かって動き出した。

その活動を規制される事態にヒーロー達は、賛成派と反対派に分かれて対立。それぞれの派閥を代表するアイアンマンとキャプテン・アメリカの指揮の下、正義を求める者同士の悲劇の戦いが始まってしまう・・・。
※各章別のあらすじはこちら・・・に作る予定です。

●おすすめの理由
とにかく、もう「これでもか」とばかりにヒーローが出てきます。解説されているキャラクターはなんと112人。言うなれば「ファミコンジャンプ」の漫画版です(歳がバレてしまう)。これを読めば、きっとあなたのお気に入りのヒーローが見つかるはずです。この作品で気になったヒーローのストーリーを追ってみるといいと思います。

え?あんまりメジャーでないキャラを気に入ったらどうするか?そうなったらシンパを増やすようにお友達をオルグしてそのキャラが好きな人の数を増やしましょう。出版社も無視できない規模になれば翻訳・出版はすぐそこです。

この「シビル・ウォー」は、現在日本語訳されているマーベルのタイトルと密接に繋がっているので、これを起点にストーリーを遡り、あるいは追いかけると分かりやすいですよ。

●ページ数、読むのにかかるおよその時間
ページ数:208ページ
所要時間:約60分(註の参照なし)、約80分(註の参照あり)

 

【DC】
・その1「バットマン;イヤーワン/イヤーツー」
イヤーワン

●あらすじ
同僚を汚職の罪で告発したことにより、シカゴからゴッサム・シティに左遷されたジェームズ・ゴードン警部補は、身重の妻とともに街へやってきた。ちょうどその頃、ゴッサム・シティの名家ウェイン家の子息、ブルース・ウェインが12年の外遊から帰国する…。

●おすすめの理由
何と言っても、「バットマンがなぜバットマンになったか」が丁寧に描かれている点でしょう。ブルース・ウェインがゴッサム・シティから犯罪を一掃することを誓うことになった経緯、彼があのコスチュームを選んだ理由が明らかになります。

●ページ数、読むのにかかるおよその時間
ページ数:272ページ
所要時間:約60分

 

・その2「バットマン HUSH完全版」
0820_バットマン:ハッシュ完全版_書影

●あらすじ
キラークロック、ポイズン・アイビー、ハーレイ・クイン、ジョーカー、スケアクロウ、ラーズ・アル・グールらが次々とバットマンの前に現れては彼を付け狙う。事件の陰に「ハッシュ」という男がいるらしいことを突き止めたバットマンは、ハッシュを追う…

●おすすめの理由
数々のメジャービラン(悪役)に加え、 ナイトウィング、ロビン、オラクルらバットマンの仲間も出演します。仲間と言っていいのかちょっと微妙ですがバットマンとのロマンスの行方も気になるキャットウーマンも出ています。

ゴッサム・シティにバットマンという人間がいて、自警行為をしている、という設定だけ知っていれば楽しめますよ。

画はジム・リーという人が描いています。ベテランのアーティストでファンも多いですね。画のカッコよさは折り紙つきです。

●ページ数、読むのにかかるおよその時間
ページ数:388ページ
所要時間:約75分


Copyright(c) 2012 ACBD All Rights Reserved.